アイフル増額

増額するメリットもあればデメリットもある

アイフルから増額案内が来たからといって、すぐに申し込むことはしないようにしましょう。増額するメリットは大きいですが、失敗したときのデメリットも大きいからです。

 

案内が来たら、増額する気がなくても、増額することで得られるメリットとデメリットをよく調べておきましょう。実際に申し込む段階になったときに、利用する上で気をつけるべきことがイメージしやすくなり、失敗を回避しやすくなります。

 

増額することで得られるメリット

増額は、今よりも限度額を引上げて利用できるお金を増やすことが目的であり、それが最大のメリットです。初回で融資額が希望よりも少なかった、利用してみて「もう少し借りればよかった」と考えているのであれば、利用限度額を増やせる増額は非常に魅力的に映るでしょう。

 

それに増額のメリットは、限度額が増えることだけではありません。限度額が上がることで、金利が低くなる可能性があるのです。アイフルホームページに限度額と金利の対応表が公開されていないため細かなところは分かりませんが、少なくとも限度額が100万円を超えた場合、金利が15%以上になることはありません。

 

増額には制限がある

増額ができるといっても、アイフルが提示している最高限度額まで借りられるわけではありません。アイフルは総量規制の対象になるので、利用者の年収の3分の1までが限界です。借りられる金額を増やすには、収入を増やす以外に方法がありません。

 

別の方法としては、増額するのではなく他社から借り入れるという方法があります。銀行カードローンなら、最高金利自体がかなり低く、総量規制対象外であるため制限もありません。ただし、複数から借り入れることで、どこであっても増額できる可能性が非常に低くなってしまうことは覚悟しておきましょう。

 

審査に落ちたときのペナルティが厳しい

増額審査に落ちると、かなり厳しいペナルティがあります。

 

今よりも限度額が減らされたり、一時的にキャッシングが利用不可になったりするのです。審査に落ちる原因はさまざまですが、収入が減ることで返済能力が落ちたり、返済を延滞してしまうと審査に落されやすくなります。一時的な利用停止状態になっても、借入残高があった場合は引き続き返済していかなくてはなりません。

 

メリットとデメリットを考慮したうえで賢く判断する

増額すること自体は間違った行為ではありません。将来のことを考えて使えるお金を増やしたり、急に発生した高額な出費に対応したり、さまざまなことに備えておけば気持ち的にも楽になります。

 

ただ、後先考えずに増額すると大抵の場合失敗し、余計なトラブルを抱えることになります。メリットとデメリットをよく調べて、本当に増額が必要かよく考えて決めましょう。